トップページ > ショップ一覧 > サスケハナ

サスケハナ

スパイスの魔術に魅了! ひと手間かけたこだわりの一皿

お店の自慢

サスケハナの海軍カレーは、何と言ってもそのボリュームに圧倒される。
ワンプレートにサラダとチキンの竜田揚げ、さらには牛乳。
そしてお待ちかねのカレーが、これでもか!とばかりに大盛りで盛り付けられている。
ワンプレートの提供スタイルからなのか、不思議と楽しかった学校給食を思い出してしまった。
いつも楽しみにしていた給食・・・。
授業を受けながらも待ち遠しかった給食・・・。
中でもカレーライスの日は本当にもう午前中の授業が頭に入らなかった給食・・・。
ついつい給食当番の友達に頼んでカレーを大盛りにしてもらったことを思い出させる。

あ、ちなみに「よこすか海軍カレー」の故郷、神奈川県横須賀市では市内全ての市立小学校で一斉にカレーライスを食べる「全校一斉カレーの日」という行事を毎年行っています!

閑話休題。
まずは一口食べてみる。口の中に広がったのは、酸味を感じながらもしっかりとしたコクのあるカレー。
そして一呼吸の間を置いて、口の中から鼻孔へとスパイスの香りがすごいスピードで追いかけてくる。
まだ口に残る爽やかな酸味と、鼻孔をくすぐるスパイスの香りがあるタイミングで一つになり、絶妙なハーモニーを奏で始める。
このルーはチキンベースのスープにクミン・ナツメグ・ガラムマサラ・コリアンダーなどのスパイスをブレンドしているという。
・・・これはスプーンが止まらない。

最初の獲物は野菜だ。一度油で揚げたジャガイモと炒めたタマネギにはスパイスを絡めてトッピングしている。このひと手間が心憎い。
次はお待ちかねの鶏肉にスプーンを伸ばす。
ニンニクと共にじっくり炒めたこの鶏肉は実に香ばしい。たまらず口に運ぶ。カリっとした外側と、じわりと肉汁のしみだす身の食感のバランスに思わずうっとりとしてしまう。
「野菜はルーに入れる前にスパイスを絡めることで、一層風味を楽しめるんですよ。」と店長の鬼塚さんが秘密を教えてくれた。

『カレー通もうなるカレーを作りたい!』と、日々、スパイスの調合について研究を続けている鬼塚さんは、「カレー大學」の門を叩き『カレー伝導師』の資格を取った横須賀でも数少ないカレー専門家の一人だ。
当然このサスケハナの「海軍カレー」にもそのノウハウが活かされている。

お店の特徴

店名である『サスケハナ』とは、1853年江戸時代の日本に突如現れたアメリカのペリー提督が乗っていた、いわゆる「黒船」の名前だ。

百貨店さいか屋のすぐそばに、蒸気船に見立てた黒い壁に赤いボーダーラインが引かれたお店がある。それがサスケハナだ。
窓際に置かれた、鮮やかなサスケハナ号の模型が一際目を引く。

サスケハナ号に乗船した気分で何だかワクワクしながら店内に入っていくと、カウンター頭上に一列に並んだ自衛隊のキャップに圧倒される。
壁には、とても鮮やかな自衛隊艦船の油絵も飾られ、正に自衛隊一色だ。

そうか「サスケハナ」では江戸時代の黒船から現代の自衛隊まで、海軍の街・横須賀の歴史を感じることができるんだ。

客層も「黒船」ゆかりのネイビーから、自衛隊員まで幅広いのもうなずける。

 

SHOP DATA

  • 店名サスケハナ
  • 営業時間11:30~23:00
  • 定休日日曜日
  • 住所横須賀市大滝町1-19 石井ビル1F
  • 電話番号046-884-8635
  • アクセス京急横須賀中央駅から徒歩約7分
  • 座席数35席
  • ウェブサイト
上へもどる

Copyright©2017. Curry City Yokosuka All Rights Reserved.