トップページ > ショップ一覧 > あすなろカフェ

あすなろカフェ

海上自衛隊員もうなるハイレベルなカレー

お店の自慢

「こんにちは~!」無駄に大きな声で挨拶してみたら、凛々しい海上自衛隊隊員の皆さんは冷静に小さく敬礼しながら短く「こんにちは」と返してくれました。
JR横須賀駅の裏手海側に海上自衛隊横須賀地方総監部の入口ゲートがあります。

「あすなろカフェ」は総監部の敷地内にあり、海上自衛隊員とその関係者に対して軽食をサービスする食堂だ。ここのメニューには「よこすか海軍カレー」があります。
残念ながら、施設内に所用がない場合、一般の観光客や地元横須賀市民がフラッと立ち寄ることは出来ません。

海上自衛隊では毎週金曜日にすべての部署・部隊で食事にカレーを食べていることは周知の事実です。艦船ごとに伝統のレシピがあり、大人数のカレーを大鍋で煮込んで作るためどのカレーもレベルが高いのです。

当然、あすなろカフェにもグレードの高い「海軍カレー」が求められるワケですが... 
この海軍カレー、カレーの味を知り尽くした海上自衛隊員をもうならせる完成度を誇るものとなっているのです。

“小麦粉とカレー粉を炒ってカレールーを作る”のは手順通り。
この時に使う「牛脂」は全てフードプロセッサーにかけてクリーム状にしたものを使う。
牛脂の中にある筋を取り去ることでカレーのざらつきを抑える。これがあすなろカフェのこだわり。
また、スパイスも完全オリジナルの配合に基づいているので、ここだけの味を実現している。

食べた印象は、フルーツベースのチャツネの甘さと、クミン・カルダモン・ガラムマサラ等のスパイスが絶妙にマッチ。
牛肉ベースの深いコクが甘さ・スパイシーさの橋渡しをしている印象。

カレー好きな貴方にオススメしたい一皿。

※海上自衛隊施設の一般開放日(例年8月)に実施されるサマーフェスタでブース販売されるのでぜひ訪れていただきたい。 
 

お店の特徴

あすなろカフェの運営は、障害者施設「あすなろ学苑」が行っている。
ちなみに、福祉関連施設が海上自衛隊内での店舗運営を行うのは全国初の試みだ。
同苑では“食”の提供を通じて、製造・販売に従事する障害を持つ人たちの「仕事」を作り出すことで経済的な自立支援を行うことを目的にしているのだ。

同苑では海軍カレーの他、パン類(海軍カレーパン含む)・お弁当類(海軍カレー弁当含む)、ジャム・デザート・焼き菓子類と、幅広い分野で“食”の提供活動を行っている。

この活動自体が“まちおこし”に繋がれば、との思いから平成23年に同苑は海軍カレーの提供をスタート。
美味しいカレーを作り提供することで、「食べる人」 「作る人」 「まち」 それぞれが幸せになることをめざして、あすなろカフェでは海軍カレーの販売が続けられているのだ。

 

SHOP DATA

  • 店名あすなろカフェ
  • 営業時間-------
  • 定休日-------
  • 住所神奈川県横須賀市西逸見町1丁目無番地
  • 電話番号-------
  • アクセスJR横須賀駅 徒歩5分(海上自衛隊内)  ※一般の方の入場はできません
  • 座席数-------
  • ウェブサイト
上へもどる

Copyright©2017. Curry City Yokosuka All Rights Reserved.