トップページ > ショップ一覧 > YOKOSUKA Shell

YOKOSUKA Shell

チキンとルーの一体感に心奪われるカレー

お店の自慢

YOKOSUKA Shellの海軍カレーはルーと一体化した鶏肉が特徴だ。

鶏肉は強火でしっかり焼き目がつくまで炒めた後 ホロホロになるまで煮込んでいる。
ほぐれた鶏肉がルーにからまり、カレールーのどの部分を食べても、「チキン・鶏肉・チキン・鶏肉」といった感覚。当然旨みは強い。
都内一流ホテルのカレーを彷彿とさせる「舌溶け」「ルーとの一体感」がここにある。
チキンベースでここまでの味が出るとは… 
カレー専門店にもヒケをとらない完成度ですよ、これは。Shellのカレー、おそるべし。

チキンの旨みを生かすため、スパイスは辛すぎず、弱すぎず。
口に含んでチキンの美味しさを感じた直後に、適度なスパイスのキックがやってくる。
一口食べて納得の、輪郭のハッキリした味。こんな海軍カレーもあるんですねっ。

提供されるプレートには海軍カレー・チキン唐揚げ・フライドポテト・サラダ・牛乳がセットになっている。
カレー250g・ライスは350gはありそうだ。
「カレーは味とボリュームで満足度が決まりますからね。 オーダーしてもらった方にはとにかく満足してもらいたいんですよ」
とオーナーの渋谷さん。

お店では平成22年にポップデュオの“ゆず”とコラボレートした「すこやか軍艦カレー」を開発した。平成25年にはアニメ「たまゆら」とタイアップしたオリジナルカレーの提供も行っている。
「まちの話題作り、まちを盛り上げる仕掛けには何でも、いくらでも協力していきたいんです」

ありがとうございます、渋谷さん。
これからもYOKOSUKA Shellから目が離せないっ!

お店の特徴

オーナーの渋谷さんが目指すお店のコンセプトは、「日本の心とアメリカの文化が融合した街・横須賀を感じる店 横須賀くささを体現する店」だという。

単に食事を提供するだけの店ではなく、お店に来たら、「食べて・飲んで・笑って・語る」、そんなお店にしたい、渋谷さんは語る。
店舗の入口には“IZAKAYA”“YAKITORI”の文字が踊る。
お店の実態としては「海軍カレー」も食べられる、気軽に飲める無国籍料理の居酒屋といった風情ですね。

焼鳥や刺身、揚げ出し豆腐、枝豆などのお酒の肴になる料理も充実していて、「横須賀のグルメ」提供店という堅苦しさとは無縁。
手羽先やナンコツなどの焼鳥にバドワイザーやコロナビールがフィットしている。

外国人のお客も多いため、店内は、国籍・性別・年齢を超えて「楽しく飲もうぜ」という雰囲気いっぱい。
「食べて・飲んで・笑って・語る」 = 楽しいお店の方程式 そんな言葉が浮かんできた。

「ちょっとお兄さん、そんなトコ立ってないで座んなよ~ 何か飲んだら?ビールでいいの?」と常連さん。
ハイッいただきますっ。 この場にいるだけで何だか楽しくなってくるような... 
ポジティブな空気が店内には充満しています。気付くと渋谷さんもこの場に自然に参加しています。

オーナー自らこの空間を心から楽しめる。
よく見るとどのスタッフさんも、笑顔がステキ!
スタッフからもそんな雰囲気が伝わってくる、元気をもらえる店舗です。

 

SHOP DATA

  • 店名YOKOSUKA Shell
  • 営業時間11:30~24:00(LO.23:00)
  • 定休日不定休
  • 住所神奈川県横須賀市本町1‐9 スズキ第2ビル1F
  • 電話番号046‐876‐5467
  • アクセス京急横須賀中央駅 徒歩8分
  • 座席数41席
  • ウェブサイト

    http://www.shellshellshell.com/shell.html

上へもどる

Copyright©2017. Curry City Yokosuka All Rights Reserved.